読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の鍵たち。

アラサー腐女子のたわごと。

夏休暇的なかんじということで。

悩んで悩んでここのブログにお引越ししてきたわけですが、どうしてもあちらのブログみたいな居心地の良さを感じられず(そりゃ向こうはそれなりに年季が入ってるので当然っちゃあ当然なのですが、でもそれだけが理由でないことに気付きました)、

6月に試しにあちらに記事を更新してみたら、ものすごい腑に落ちた感じ。おさまるところにおさまった感じ。

 

というわけで、なんやかんや考えましたが、またしばらく元のブログに戻ってみます。

はてなさんには長期休暇を利用してバカンスに来た、みたいな感じになってしまいましたが、夏も終わるしちょうどいいか、って(何が)。

 

儚き愛しキミへ...

 

↑もうずっとずっと長いことやっていたブログです。一応ぺたり。

本当にもう夏も終わりますね。朝の空気が秋の匂い。

 

永遠にキミとふたりで 掌(て)取り合いながら。

1日遅れてしまいましたが、キンキさん20周年突入おめでとうございます!

20周年・・・・・・すごい数字です。

奇跡的に二人が出会ってからはもう26年以上が経ちました。

世間が解散説やら不仲説やらを持ち出して騒いでいたあの時期を、今では心乱されることなく、本当に懐かしく思い出せます。

どんな時でも周りの雑音に流されずにしっかり自分たちの考えをもって、お互いの意思を尊重し合って、二人が歩きたい方向にきちんと進んでいる姿を見せてくれているので、何も不安はありません。

この世の誰よりも「KinKi Kids」を、大切に思っていて、大切にしてくれているお二人だから、余計にそう思えるんだと思います。

お二人にはたくさんたくさん、大事なことを教わりました。

キンキさんと同じ時代に生まれてこれて良かった。一緒に年齢を重ねてこれて良かった。

これからも、これまでがそうだったように、二人らしく、二人にしかできない音楽を楽しんでください^^

 

KinKi Kids forever

 

 

そして、嬉しいお知らせもありがとうございます!

ここ数年の周年記念日の中でも間違いなくとてつもなく幸せな日になりました!

真冬以外に!二人揃った姿が!見れるなんて!

二人!!揃った!!姿が!!

 

・・・・・・まってまって喜ぶとこ低次元すぎて書いてて切なくなってきたけど、でもキンキ担はこの奇跡さを痛感してるよね!?

 

めっきりめきめき年末年始にドームでしか可愛いおっさんらを拝めていない人生を長年送ってきたので、真冬じゃない季節に会えるなんて・・・・・・二人一緒のとこ見れるなんて・・・・・・!(どんだけ耐え忍んできたんだっていう)←

しかもしかも、アリーナですよーーーーー!!!!

5万5千人分の1じゃないんですよーーーーー!!!!

あ、あ、あ、あ、あ、あああアリーナェ(古)。

 

恐ろしくない!!??

今更キンキをアリーナで見れるなんて恐ろしくない!!!???(真剣)

わたし怖いですよお二人並んだ姿をアリーナサイズで見れるなんて(しかも各地周るんだようそでしょこれ夢なのなんなのがくぶる!!!)恐れ多いですよまじで!!!

(何年たってもキンキを聖なる領域だと思ってる。侵しちゃいけない保護区域。え、痛いって?知ってた☆←)

 

とりあえず東京1dayと地元かなと思っています(毎度のことながら、申し込む前から当たる気まんまんで当日の流れを想像して楽しめてしまうのはどんな病なんだろう)。

最低二日は行けたらいいなー。

にしても、つよしくんのさけるチーズが気になりますね(;´Д`)

ライブともなると踊らないわけにいかないしね。

わたしつよしくんのダンス大好きで、あの、ちょっとかったるそうな腰の入れ方とか、肩の落とし方とか、指先の使い方とかもほんと大好きで、ライブでガチ踊りしてくれるとアガリまくってしまうわけなんですが、忘れもしないアリーナ最前列、目の前でそれ見たときは漫画みたいに腰抜かしました。後ろあたりにいた若めの男の子がビビってたくらいにガタガタッて腰抜かしました。

人生であんな見事に腰抜かしたのは今のところあの時の一回きりです。あれは一忘れない。

そう、それで、つよしくんのダンスが大好きでやっぱりソロのときはなかなか見れないから、キンキの時は~って思うんだけど、むりはやっぱりしてほしくなくて。

こーちゃんも心配だろうなー(´・ω・`)

 

まあ、とは言いつつ、なんやかんやちゃんとこっちが満足いくように仕上げてくれるに決まってるので、そこまで心配はしなくて良いんでしょうが。

 

とにかく、また今年も「キンキさんおめでとう大好きだよ!!」って平穏な日常の中で言えたことに感謝です。

おわり。

 

 

えちょま、でました。

電車に乗っているときにうっかり神谷さん結婚報道記事を見てしまい、うそみたいに「ハッ!!」って言いながらその場で立ち上がってしまった今日の午後。

いい感じに人がたくさんいたんですが他人に興味を示さない世の中のおかげなのか、誰にも訝しむ視線を向けられることなく、そのまままた着席しました(ハッ!!って微妙にアフレコ調に言ってた自分に笑いました)。

で、ええと、神谷さん結婚してたとか・・・・・・!!!

えーっっっっ!!!

しかもお相手漫画家さんかーっっっっ!!!

久しぶりにお友達に「え、ちょ、ま・・・・・・!!知ってた!!??」ってラインしたら「えちょま久しぶりやんw」って失笑されましたがそんな余談はおいておいて、彼女曰く少し前にすでにツイッター大荒れだったと。

知らんかったー!!

そんなことになっていたとは・・・・・・しかもどうやら「小野Dと結婚」ってHOTに入ってたそうで、いやだそんな美味しい展開に気づいてなかったなんて笑止ッッ!って激しく後悔(そこ!?)

そしてなんと中村くんにまで飛び火したと。なにそのまさかな展開、誰うま(笑)

いやー衝撃。久しぶりの衝撃波。

ていうか、お子さんもいらっしゃったのかー。

おめでとうございいますですよ。彼もいい歳ですもの。お祝いしかないですよ。

めちゃくちゃお子さん素晴らしいDNA引き継いでるよ、きっと。才能豊かだよ。

いいパパぶりが目に浮かびます。にゃーさんにするみたいににゃんにゃんしてんのかなー。可愛すぎか。

神谷さんの素敵な声で絵本とか読んでもらってるんだろうか。すごいな。贅沢だな。

 

結婚について言及したDGSも聞きましたが、小野くんの「いつものさえないおじさんですよ」がなんか良いですよね。なんか良い。

結婚について「すみませんでした」って謝罪しなきゃいけないのがちょっ切なかったです。普通ならめでたいことなのにね。年齢を考えたら「おめでとう」以外のなにものでもないことなのにね。

夢を売ってるんだからやめてよ、っていうコメントを某所で見ましたが、酷だなぁと。

神谷さんくらいもうほとんどアイドルだと、やっぱりそういう批判の声も出ますよね。まもさんの時もすごかったしね。

でも、夢を売るお仕事だからってプライベートまで売ってるわけじゃないから。24時間お仕事を引き摺って生活するって無理な話しですもの。

いつかこうなった時のバッシング覚悟で腹をくくって、家庭を築いて命を育んで、守るべきものを守って生活していた神谷さんに、ほんとお疲れさまですと言いたいです。

奥さんもだいぶ大変だったんじゃないでしょうか。

 

なにはともあれ、おおやけになったからって声が変わってしまうわけじゃないし、小野くんとはきゃっきゃやってるし、相変わらずさえないおじさんみたいだし(笑)、これからも神谷さんの真っすぐで誠実で謙虚な生き方を応援しています。

 

お幸せに!!!!!

 

もうすぐ20周年。

キンキさんのあれこれをあんまり追えてなくて後で気づいてクッソ!(自分の鳩尾に一発喰らわせる勢いで)ってなる日々を送っています。

これといった派手な露出が頻繁にない彼らを応援してるとついだらけちゃってダメですね(ディスってない!全然ディスってない!TVに出てない時ほど忙しいのは百も承知ですよ!)。

ソロ活どうしよっかなーとか考えつつのんびりお茶の間で萌えっとする日常を送ってたところにぶわっと活動くるとまいります(何しろ他活もしてたので余計に←土下寝)。

 

いきなり露出が増えると嬉しい反面あたふたしてしまうのです、毎度のことながら(え、わたしだけ?)。

こっちはお尻から伸びた根が地中深くまでいってるんじゃ?っていうほど腰が重くなってるわけですよ。

急に青信号になってももはやエンジンのかけ方を忘れてる。←

今年あたり全国くるんじゃ?やっちゃうんじゃ?って何年踊らされたか(勝手に踊ってた自覚あり)。

※何年か過ぎると足元で軽くおざなりにステップを踏むくらいにしか踊らされませんが。さすがに期待はうすうすになるってもんで。うすうすに(なんとなくftrが好きそうなワードなので連呼)。

でも今回は20周年yearだしさすがにいよいよとうとうついに全国じゃ!?ってドキドキしてたわけですよ(勝手にね。なにしろ勝手にね)。

そしたらまあ、期待を裏切らず、ないよね~。

ftr活動くるくる詐欺なのなんなの悲しい(年末年始とかのMCでよく「今年はもっと二人で仕事したい」とか言うじゃん。それにまんまと心踊らされるんですよね)。

 

・・・・・・面倒くさいからもう書かなくていいかなと思ったんですが万が一、何かしらのあれで全くキンキさんを知らない方がこの記事を見たときに誤解のないように書かなくては・・・・・・悲しいかな勝手にね!勝手にドキドキしてたパティーンね!?全くもってあちらには非のない被害妄想というやつねこれ!!(キンキさんは守らねば)

 

いつだって彼らははっきりとは言及しないから、もうあれですねこれはホストの思わせぶりな甘いセリフに自分の期待を知らぬ間にブレンドしてハァハァしちゃってた、要はただの願望ですよね。

こうなってほしいなっていう、勝手な思い。

だからやっぱり、くるくる詐欺でもなんでもないんだけど、夏が過ぎる頃にはばかみたいにがっかりしてしまう。今年も何もなかったか、と。

 

そんなこんなで淡い希望を持ち続け早数年。

年末年始というクソ忙しい時にしかftr一緒の姿を拝めないちょーレアキャラに成り果てたお二方。

やはり今年もそうなんでしょうか。20周年だというのにね。なんかちょっと、さすがにいつもよりは期待したよね。うん。

足元で「いやいやいいよもう分かってるよ年末年始まで待てのパティーンでしょ~」って適当にステップ踏んでるふりして実は体ごとしっかりノッてたんだけどね。実はこっそりそわそわしてたんだけどね。

 

でもそこはさすがのftrだった。

アイドルだって現実を歌わなきゃだめだと思う、みんな現実を見て生きようよ、な、根底がこれでもかってほどブレないキンキさんだった。

※「根底アイドル」という言葉がつよし君によって生み出されたのは何年だったか(調べる気もないですが←)、とにかく根底が変わらないことで有名な(?)ftrです。

そんなftrにこないだ雑誌で「いつも通りで」「(20周年は)べつに特別ではない」うんぬんと言われ、無慈悲か!と、いっそ笑いたくなるほどバッサリと(多少ではるものの)抱いてた夢と希望をぶった切られ、ある意味爽快DEATH☆

出費はないのね、了解(^_-)-☆

・・・・・・そう、ある種の精神崩壊、万死に値する、絶望した、な、大参事に陥っています。←何を言ってるのかわからないですがそんな感じです察してください凹

 

どこまでも期待を裏切らない、いつでも自分たちのペースを乱さないキンキさん。

いいよもう。好きに活動しなさいよ。

それでもどうしたって大好きだよ(最大級に惚れた弱み)。

 

いよいよもうすぐ20周年突乳突入ですねー^^

なんやかんや言いましたが、キンキさんがそれぞれやりたい事をやりたいだけやれる人生が一番望ましいです。心からそう思います。

 特設サイトも素敵だし、キンキさんが「こうしてみたよ」っていう20周年を、精一杯楽しみたいと思います(どこまでも受け身。なんて従順)。

 

束の間の安堵になりませんように

天の川が見えなくてガッカリしていたところに、ユチョン無嫌疑だという記事を見て一気に舞い上がりました!よかった!

思わずタップダンスする勢いでした(できない)。

「驚いたり戸惑ったりしたけど性的暴行や脅迫はなかった」と供述してる女性が多く、ってじゃあなんで告訴したんだっていう怒りが湧いてきますよね・・・・・・。

性犯罪の疑いをかけられるってとてつもないダメージ。痴漢の冤罪事件も何度か問題になってるけど、後々、あれは間違いでしたすみませんって、謝られても訴えを取り下げられてもそれで何もかも元通りにはならない。

いつだったか、女性がわざと痴漢被害を受けたと男性を訴えて男性の人生をさんざんダメにしたあと、実は嘘でしたごめんなさいっていう事件があたと思うんですが、そりゃないよ。仕事も家族も周囲の人の信頼もなくしてしまうのに。

今回も、無実でしたって公表はされたけど、性犯罪の疑いをかけられた人っていう印象は残るよね。ユチョンを知らない人はとくに。そこだけが残る。

パクユチョンがどんな人間なのかを世の中に知らしめる機会があまり多くないっていう現状なのが、さらに辛いですね。

せこいなぁ。女性側せこすぎるなぁ。自分の品格を下げてまで何がしたかったんだろう。絶対やっちゃダメなやつじゃん。

お金が欲しかったのかなんなのか(あまり憶測で物事をああだこうだ言っちゃだめだからやめとこう・・・・・・でもほんとはめたくそ悪く言ってやりたいとこだけども!)

とにかく、まず一つ問題はクリアということで。

この先は逆告訴の件もあるから見守る側もまだまだしこりを抱えてかなきゃだめだしユチョンも大変な時期が続くと思うけど、これ以上ユチョンの傷が抉られることがありませんように。事務所の方々よろしくお願いいたします。

 

あとユチョン、どうか女見る目を養って!酔った勢いは控えてー!(今回は相手が性質悪すぎたよね)

あとこんな時にふざけるなと言われそうだけどお酒入っててもヤれちゃう派なんだね強いね若いね(ってほんとKY発言すみませんユノ発言すみません!ってユノ=KYってまだ成り立つ方式?はいごめんなさい黙ります)

あとあと、今回の件で女性に憤慨する気持ちはわかるけどもSNSで見かける「死ね」とかそういう物騒なのは違うと思うそれは良くない(ボソリ)。

 

はい。というわけでひとまず、この喜びが束の間のものになりませんように。

水族館デート。

なかなかプライベート(っていう体で話してもいいと思うのあれは←)で2ショ写真撮れないからって、お預かりした他人様のカメラで堂々と2ショを撮り始めるftr(※本番中である)。

アラフォーに入りややデレ期到来ですかね(男の人って年齢を重ねると若い頃より淋しがりになる気がします)。

つよしくんは心底辛かったあのあたりの時期を経てからは安定して愛方萌えがダダ漏れなのは周知の事実なわけですが、

ここへきてこーちゃんが「つよしくん♬つよしくん♬」てなってて可愛いです。

外やだよ、太陽光つらいよ、室内がいいよ、とか子供みたいに散々文句たれつつも、なんだかんだロケを楽しんでて初めて見聞きし体験することに目をキラッキラさせてるのをとっても微笑ましく見ています(保護者)。

まあ、こーちゃんのそんな様子に一番ご満悦なのはつよしくんなわけですが。

彼はどうしてあんなにもこーちゃんが新しい体験をすること、世の中の人々が普通にやっていることを経験してみることを喜ぶんだろうか、って考えるとそこはもう親心みたいなものもあるのかなと思います。

だってあの人の浮世離れっぷりハンパないから、それを横で見守ってきたつよしくんはどうにかしたい欲に駆られるのも無理ないかなと。

(フードコートでお会計したら渡される「音が鳴ったら注文した商品を取りに来て下さい」っていう呼び出しの四角いやつを見て「なにこれ!すげえ!まじで!?すげえ!(テレビを初めて見た人類の如く)」ってなってて、(当たり前だけど)本当に音が鳴ったら「鳴った!」ってちょー喜んでたの衝撃すぎて軽く眩暈がしたのを今でも鮮明に覚えています。※当然可愛すぎによる眩暈です。←

あれはまさに「屋根部屋のプリンス」のユチョン状態だった(大昔の王子様が現代にタイムスリップするお話しなんですが、そこはさすがの韓ドラなのでただの恋愛ドラマで終わるはずはなく、殺人事件なんかも起こるドラマです。面白かったおでおすすめです^^)

 死ぬまでにこーちゃんの「はじめてのおつかい」見るのが全国の図書委員の願いだと思う。

 

昔釣りに行ったときに「エサつけて」「魚(針から)とって」な、ザ☆王子スタイルを披露したこーちゃんのお話しがとっても好きなつよしくん、その時の光景再び!?だったので今言わなくてどうすると言わんばかりに出してきましたね。お久しぶり。

そして今回も自らの手を汚すことなくイルカの調教(自分は指示を出す係。ご褒美の餌はつよしくんがあげる係)を遂行。失敗に終わりましたけども。←

※余談ですが、先につよしくん達が釣りしてるところに颯爽とフェラーリで登場したこーちゃんの姿もツボだったつよしくん。釣り場にフェラーリて!うるさいから!って言いつつ、その当時のことを語るつよしくんがいつも楽しそうでなによりです。

 

こないだの斉藤たくみさんの回でも「どうせだから二人でも(写真)撮ってもらおう」ってこーちゃんからのフリだし今回も言い出しっぺこーちゃんだしでデレ期ありがとうございます。

20周年突入、もうすぐですね^^

 

形ばかりの反省っぽくなってしまいました。

日本のテレビに映ったユチョンの顔が、あんなにも意気消沈した表情で、謝罪してる姿なのが切ない。低くて今にも掻き消えそうな声で聞こえた韓国語が、本当に切なかったです。

ネットにもたくさん謝罪中の写真が出てて、どれも顔色が悪くて目が虚ろで心配になります。

まだまだ、きっとまだまだこれから一悶着も二悶着もあって、(幼いファンの方は特に)耳を塞ぎたくなるような事実が出てくるかもしれないですね。

性的関係を持ったことは否定してないのでそこは確定なんじゃないかと思うんですが、強制的なものであったとは信じたくないです。

そこだけは本当に、ユチョンの言い分を信じています。

でもネットには「もし仮に強制であった場合の被害者の気持ちを考えた方がいい」「強制だった場合、訴えを起こしてネットなどで叩かれる被害者の方が可哀そう」という意見もあって、なるほどそうだよなと思いました。

そうだよな、これって仮にどちらも知らない人間だった場合、わたしは同性である女性側を擁護するんだろうか、と考えました。

今のわたしの脳みそだとどうしたってユチョン側から物事を見てしまうし、絶対的にユチョンを信用しているので、まったく公平でないことしかここに書けない。

でももし仮に(そうであってほしくないし、そうでないとは思うけど)、ユチョンに全面的に非があった場合、相手の女性は今ものすごく傷ついてるだろうな、と。ユチョンを思う人がいるのと同じで、相手の方にもご両親や大事な方がいて、周囲の方は心配してるんだろうな、と、思いました。

 

ただ・・・・・・ただ、「お金に困ってるなら僕が助けてあげるよ」とか「僕の家で料理作ってよ」って、めっちゃお酒の席での「口説き文句あるある」じゃないですか!めっちゃ「よくあるパティーン」じゃないですか!それもちょー古典的な使い古されたベタなやつ!

そんなこと言われたんです・・・・・・って聞いても、え、う、うん・・・・・・でしかないんだけどどうしたら(汗)

だからなんやねん、と突っ込み入れてしまいました。

それ報告されたところで・・・・・・っていう。

(ユチョンがそれを、一般男性と同じように必殺技みたいに使ってたことにちょっと笑えてもくるし、ちょっと残念でもある。お金ちらつかせる口説き方ほどつまんないものないじゃないですか←

もっと良い落とし方出来る力あるはずなのにー安い口説き方しないでよう・・・・・・っていうよくわからない願い←)

で、女性がそれをどんな風に聞いていたのか謎です。そこ気になります。

相手に勘違いさせるような雰囲気で聞いてたんだとしたら男性は食いつきにくるに決まってるし(ある程度勘違いさせるお仕事でもありますし、って、どんなお店かちゃんと把握できてませんが)、でも嫌がるとこを無理やり引き摺ってトイレまで連れて行かれたことはないと思うので、どこまでどうだったのか・・・・・・ああ、これがユチョン贔屓の意見そのものなんですね。

このへんでやめておこう。

いやでもちょっと、同じ女性としてそこだけは気になってしまいました。

真実が早く明かされますように。

 

全然関係ないですが、ヨンファさん無嫌疑だそうで安心しましたー。ジョンヒョン君も悪意を持ってやったわけではないってことに落ち着いたようで、ひとまず良かったです。

ウギョルでヨンソカップル見てからヨンファさん好きだから、無実でほっとしました。

ユチョンのこの件も、早くこうしてほっとできたらいいのに。