読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の鍵たち。

アラサー腐女子のたわごと。

叫ぶ声がまた墜落した…。

今年はゆっくり桜を見ることなく、桜の季節が終わってしまったので残念です。

春になって桜が咲き始めると毎年、今年もつよしくんがお母さんと桜を見に行けていますようにと願ってしまいます。今年はどうだったんだろう?

 

今日は何度もケリーさん(※1)のソメイヨシノを聞いています。

ソメイヨシノ花言葉「純潔」とは、程遠い心境にあるからだろか。

 

 

※1)つよしくんのソロ名義の一つ、ENDLICHERI☆ENDLICHERI(エンドリケリーエンドリケリー)。アフリカの古代魚が名前の由来です(彼はお魚好きで有名です)。

FUNKな曲が多く、このソロ名義のときのつよしくんのファッションは志茂田景樹の存在をおびやかすほどに(←)FUNKYです。

ケリーさんのオラオラにやられた女子多数。

あの腰のグラインドは性的でしかなかったし発情期の雄でしかなかったし、確実になにかのボスでしかなかった(思い出しハァハァ)。あれは卑猥。あれはダメ(止まらない思い出しハァハァ)。

だからというわけじゃないんですが(いやほんとにまったく関係ないんですが)イメージカラーは冠位十二階の最高位の色である紫です。

……久しぶりにケリーさんの存在を思い出したら(←おい)昔書いたSS読み返したくなってきた。

最近のわたしの中のつよしくんはどうしたって縁側で盆栽いじって緑茶(HOTね)すすってるご隠居イメージだったから(穏やかってことですよ。いい意味ですよ)。