読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の鍵たち。

アラサー腐女子のたわごと。

小型犬、嬉々としてドヤる。

確認だけしておきたいんですが、堂兄スタッフの中には少なからずスタッ腐が紛れ込んでいるということでいいんですよね!?え、ちがいます!?

そうでなかったとしても痒いところに手が届くこのファン寄り目線に涙目。

ぶんぶぶんVTRであえてゲスト乙状態で2人がftrっぷりを堪能しているとこ(だけを)流したのとりあえず褒めていいです(全力で)!!??←

お茶の間にいらっしゃる番組知らない人が見たらただ30半ばの(ちっさい)おっさんと(ちっs…ってもうめんどいし書かなくていい?←)おっさん2人が共同作業とかアーンとかしてる映像を唐突に見せられただけだから。

結果あのわずか数秒のVTR完全なる身内得でしかなかったですもんね。子供の成長記録見返す親の気持ち出ちゃってたからね、スタッ腐(土下座)。

てか、もう随分前からのことなのでもはや誰も突っ込まないだろうけど、KinKiさんの周りの人2人に甘すぎだからね!!??(土下座感謝)

外に出ないのを事務所の人まで心配してるとか、過保護かと。

……ここで胸を張って言いたいんですがもれなくわたしも過保護要員の一人ですけどね(敬礼ッ)。

こーちゃんもこーちゃんで、「外に出ない俺」を周りが気にかけてくれてるのちょっと楽しんでる節あるよね?ていうか喜んでる節あるよね?後輩くんたちに振り回され(良い意味で)るの含め、喜んでるよね???

……可愛いから許す。

 

相変わらずこーちゃんは長ちゃんの太陽ネタ好きですね~。ファンはそっくりそのままの内容をお話しできるというのに(要は聞き飽きた←)。

長ちゃんとKinKiのラブホネタ(※1)は何回でも聞くけど(え)太陽ネタはもうお腹いっぱいかな~っていう(要は聞き飽k←)。

ファンじゃない方で初耳な方だって多いだろうから仕方ないんですけどね。

でもあの鉄板持ちネタギャグ(←違)を一番楽しんでるのが本人っていう。

長ちゃんの反応見た感じ、そこまでっていう。いや確かに嬉し懐かし面白ネタではあるんだろうけども、あ、またそれね、はいはい的な。こーちゃんとの温度差感じずにいられなくてちょびっと切ない。

お友達の数と遊んできた回数の違いがありありと露呈しますよね。

長ちゃんの思い出がダンボール箱に山盛りに入ったお菓子みたいで、掴み取りしてみてもアレもコレもこんなものまであったかー!ってなるのに対して、こーちゃんはダンボールの底が見えてしまうくらいにしか入ってなくて、そっ…と大事にそこにあるお菓子を掴む、みたいな。

あ、だめ、なんか切ない。

よっぽどその時代が楽しかったんだね、ってしみじみ親目線で(涙ぐみながら)聞いてます。

でも大丈夫!こーちゃんの忙しすぎた青春時代にはつねにつよしくんがいるから!

つよしくんとの思い出はダンボールに収まりきらないしね!(っていうよくわからないまとめ)←

 

まさか太陽話しをこんなにしんみり受け取ってる人がいるとは露程も思っていないだろうから話しを変えよう*←(こら)

それにしてもこーちゃんてなんであんなにも「借りてきた猫」という形容が似合うんだろう。今回ソファーに座ってた姿がまさしく。

隣に座ったつよしくんなんて先祖代々その辺を治めてる猫一家の跡取りボス猫のようにどっしり(ちっさいけどね、ってもういい?←ほんとはかわいいからちっさいって言いたいだけ)肘掛に身を預けて座ってるというのに。

あ、短毛ぐりぐりお目目の大人しい人なつっこい猫なんだけど実は武闘派で、そのギャップも相まってなにげにもてるからその界隈につよしくんの隠し子がうようよ……っていう妄想を瞬時にしてたからわたしやっぱり病気なんだと思う。←

そう、それで、こーちゃんの借りてきた猫感だ。手持ち無沙汰感も追加。

長ちゃんが隣にいたから余計ぽやんぽやんしてましたねかわいすぎか。

でもその背後(この日ばかりは長ちゃん正面が多くてつよしくんに背向けてる時間長かったですから~残念!)に君臨してるボス猫の威圧感ね。←まだ言う

「ちょっとはこっち向かんかい」よりは、「ええよええよ、好きなだけそっち見といたらええんちゃうかな?あとで知らんけどな!?」派です(何が)。

今録画見返すのめんどいので(爆)どこの流れか忘れたけどつよしくんがこーちゃんに「おい」って腕あたりを叩いて(相変わらずコツンですが。恥)突っ込み入れた時の必死さがなんか切な可愛かった(笑)

さすがにちょっと疎外感かな、と思うとたまらなかったです(笑)

あと、こーちゃん長ちゃんの仲良しアピ昔と変わらなさすぎだし、仲良しなの得意気すぎだし、ご飯2人だけで行ったとかドヤりすぎだしまんま子供でかわいかったです。

結果2人とも可愛かったです!!←結局これ。

 

あと、こーちゃんの口から出る解散ネタにはもう1㎜たりとも動揺しないんだけど、それに対するつよしくんの反応が、ちゃんとおどけたりして笑える方に持っていくんだけど、そう反応するまでに悲しさだったり淋しさだったりが一瞬垣間見えて辛くなるから本当に辞めていただきたい。

こーちゃんの中ではもうこれも一種の自虐っぽい持ちネタ(解散説が流れたりしてそれを逆手にとって笑いにしてた時期もあったと思うけど、もういいよーつって)なのかもしれないけど、周りにいる人がそんなネタぶっこまれてもどうやっていじろうか若干緊張走るから(荒れたり燃えたりしたら怖いですしね!ネット社会恐ろしいですしね!)こっちまで「う」ってなるし、結果ウケてもないし広がってもないしね。←

喜ぶ人いないから。辞めてほしいですね~(望みがないことを望んでる時の棒読み感)。

 

あ、そうそう、もう一つ今更すぎてもういいかなと思ったけどタイトルにもしてしまったので一応。

「小型犬」だの「室内犬」だの、ほんとこーちゃん大事にされすぎでなによりです。←

 

(※1)

何年も前、まだKinKiと長ちゃんが幼かった頃、3人で早朝から釣りに出かけたけど到着したらまだ暗くて、どこかで休もうぜってなった時に社会見学も兼ねてラブホに入ったという、BLでなくてもベタすぎるうそのような本当の話し。しかもちゃんとラブホ行事は済ませたいう……。←って言うと猥褻的ななんやかんやがあったみたいだけど、この場合のラブホ行事は回るベッドで遊んだり的なことです。はい、とっても残念ですね。←

 

なにはともあれ、つよしくんが男前でした。

という感想で、完。